ディレクターが覚えておくべきGoogleの検索アルゴリズムについて

ディレクターが覚えておくべきGoogleの検索アルゴリズムについて

サイト制作に関わる以上、常にその動向をチェックしておかなければいけない企業があります。

それはGoogleですね。

世界で最も使用されている検索エンジンであるばかりか、日本でもYahoo!がGoogleのロボットを採用していますから国内の検索エンジンはほぼGoogleに独占されているといっても過言ではないでしょう。ウェブサイトの価値は見てもらってなんぼなわけですが、サイトオープンからユーザーに見てもらえるようになるまでにはGooglebotが見に来て、そこからGoogleのインデックスサーバーにインデックスされ、さらにアルゴリズムに沿って検索順位がつけられ・・・といった感じで私たちのサイト運営に一枚も二枚もGoogleが噛んでるんですよね。

というよりむしろGoogleに支配されているといっても言い過ぎではありませんね笑

ですから私たちはユーザーに気を配るのはもちろん、Googleにも気を配ったサイト運営が求められるわけですよ。

だってGoogleがインデックスしてくれない、検索順位が上がらない、最悪の場合ペナルティを食らったなんてことがあるとせっかくサイトを作ってもユーザーの目に触れることはないわけですから、制作した意味すらなくなってしまいますからね。

ここではディレクターが絶対覚えておくべきGoogleの検索アルゴリズムについて理解していきましょう。

「アルゴリズム」って何?

私たちサイト運営に長く携わっていると、非常によく聞く言葉だと思います。

当然Googleを常にチェックしているため社内でも頻繁に飛び交うキーワードの一つではないでしょうか。(プログラミングでもアルゴリズムって使いますね)

でもディレクターの経験が浅い方や、SEOに詳しくない方は検索アルゴリズムと聞いてもピンとこないかもしれません。ではそもそもアルゴリズムって何なのでしょうか?

わかりやすく言うと「検索順位を決定するためのルール」だと覚えておいてください。

厳密にはもっと細かな説明が必要となりますが、サイト制作の目的が多くのユーザーに見てもらって、集客や売り上げを増やしていくことだとするならば”検索された際にGoogle検索エンジン上で何位にいるのか?”が非常に重要です。

そうした意味で言えばディレクターの立場で考えると「検索順位を決定するためのルール」と覚えておくのが最もシンプルだと思います。

ちなみに検索エンジンやアルゴリズムの仕組みは以下を読んでいただくとご理解いただけますよ。

Google 検索の仕組み | 概要

インターネット上のすべての情報を調べて体系化し、有益で関連性の高い検索結果を瞬時に表示する Google の仕組みをご紹介します。

検索1位と2位ではアクセスが倍違うという事実

多くのユーザーに見ていただくということを考えると、狙ったキーワードでいかに上位にいるのかということが大切だという話をさせていただきました。

もちろん誰もがそうした事実は何となく理解されていると思いますが、実際は数字で見るとどれくらい違うのでしょうか?以下をご覧ください。

【検索順位別クリック率】
1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%

【検索順位別クリック率(BtoC)】
1位 20.83%
2位 10.07%
3位 7.39%
4位 4.22%
5位 2.99%
6位 2.05%
7位 2.00%
8位 1.46%
9位 1.71%
10位 1.70%

【検索順位別クリック率(BtoB)】
1位 22.58%
2位 12.62%
3位 8.27%
4位 7.24%
5位 6.19%
6位 3.73%
7位 3.91%
8位 2.35%
9位 1.82%
10位 1.53%

INTERNET MARKETING NINJAS
https://www.internetmarketingninjas.com/blog/google/announcing-2017-click-rate-study/より引用

全体、BtoB、BtoCいずれであったとしても検索順位で1位にいることがいかに多くのクリック(アクセス)を集める上で重要なのかわかりますよね。

年間10,000回検索されるクエリ(キーワード)だとしたら検索順位が1位と2位ではアクセス数で約1,000違うことになります。

例えばCVR(コンバージョン率)が1%程度だと仮定すると、年間のCV(コンバージョン数)で5違うわけです。もしこうしたクエリ(キーワード)が20個あればCVで100変わってくるわけですよね。この違いは中小企業にとってはめちゃくちゃ大きいですよ!!

検索順位にこだわることがいかに大切かということをご理解いただけたのではないでしょうか?

検索上位になるためにはどうすれば良いのか?Google検索エンジンの使命を理解しよう!

検索順位が1位であることが効果を生む上で大切だということはご理解いただけたと思うのですが、果たして1位を取るためにはどうしたらよいのでしょうか。

もちろん、どの会社もサイト運営を頑張っていますから競合が多いような業界や商売に関しては簡単に取れるとは限りません。しかし1位を取るために必ずしなくてはいけないことは決まっています。Googleのアルゴリズムを理解しながら進めていきましょう。

そもそもGoogleの使命って皆さんは何だと思いますか?

この質問は検索エンジンの存在意義を理解するうえで重要な質問です!

考えたこともない方が多いですよね笑

実はこの質問にGoogleははっきりと答えています。

それは、、、

「世界中の人々の生活を支えるため、インターネット上に公開された世界中の情報を整理し、最も信頼の高い情報をユーザーに提供する。そしてそのような情報(コンテンツ)を提供している人々の成功を後押しする」と謳っています。

さらに詳しく理解したい方はGoogleの実際のページをご覧ください。

Google 検索の仕組み | Google の使命

世界中の人々が Google 検索で情報を見つけ、興味のあることについて学び、重要な意思決定を行っています。Google のサービスは人々の生活を支えるものであり、私たちのコミットメントが揺らいでしまうようなことがあってはなりません。テクノロジーは進化し続けますが、Google は、情報を検索するユーザーの皆様を将来にわたって支援し続けます。Google …

これはですね、深く理解してほしいんですよね。

つまりGoogleは何を言っているかというと「ユーザーが求める、信頼性の高い情報を提供しているサイトを高く評価する」ということを言ってるんです。

ごまかせない世界だという事なんですよね~。

一昔前は隠しリンクやらクローキングやら、ワードサラダやら、リンクファームやら検索順位で1位を取るためのテクニックというか裏技みたいなものがありましたが、今の時代は全く通用しません。もし通じたとしても時間が経てばペナルティの対象になって検索エンジンから排除されること間違いありません。

ここまで言っても悪さしようとする方がいらっしゃるんですよね。

でもね、なぜそういうサイトを排除するか考えてみたら、いかにそうしたことが愚かなことがわかるかと思います。

そもそもですね、Googleって何で儲けていますか?

広告ですよね。

何故企業がGoogleに広告を出すかというと、最も人が集まる検索エンジンだからですよね?

人が集まらないところに広告を出しても意味がありませんから。

で、なぜ人が集まるかというとGoogleで検索すれば「必要な情報が手に入る」からじゃないですか。

仮にGoogleで「札幌 ラーメン」と検索して、検索結果に出てきたのが広島のお好み焼き屋だったり福岡のラーメン屋だったりしたら、そんな検索エンジン誰も使わないですよね。

そうなってしまえば誰もGoogleなんて使わなくなってしまいます。

それではGoogleが困りますから、そんなことがないようユーザーの検索に対して信頼性の高い情報を正確に提供する、そして悪さをしているサイトがあればそれを排除するということを日夜続けているわけです。

結局、真っ当にやらなければ後で痛い目に合うんですよね。

これがGoogle検索エンジンの根幹の考え方と私たちがやってはいけないことです。

Googleのコアアルゴリズムを理解しよう!

コアアルゴリズムというのは、Googleが検索順位を決定する際に根幹となる超重要なルールの事です。特にディレクターはもちろん、サイト運営に携わる方に理解していただきたいのが以下の5つになります。

◆ペンギンアップデート
◆パンダアップデート
◆ヴェニスアップデート
◆モバイルファーストインデックス
◆スピードアップデート

です。

実際にこれらはGoogleウェブマスター向け公式ブログでも書かれています。

世の中にはSEOについて書かれた様々な書籍やサイトが存在しますが、最も信ぴょう性が高いのは言うまでもなく大本営(Google)から発表された内容です。

アルゴリズムのアップデートに関する情報も掲載されていますので、これまで読んだことがないという方は過去に遡って読んでみることをお勧めします。

ペンギンアップデート

2012年4月に発表されたアップデートです。

これはGoogleが定めるサイトの品質に関するガイドラインに「使用しないように」と謳われているブラックハットSEOをしてはいけないよ!という警告で、もしこのようなことをした場合はウェブスパムと判断し、掲載順位を下げるといったペナルティを課すといったコアアルゴリズムの一つです。

品質に関するガイドライン・ペンギンアップデートに関する公式ブログの記事も併せて確認するようにしましょう。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

次の 一般的なガイドライン に沿ってサイトを作成すると、Google がサイトを認識し、インデックスに登録し、ランク付けをするプロセスをスムーズに行う手助けとなります。 下記の 品質に関するガイドライン に目を通されますようお願い致します。このガイドラインでは、Google …

良質なサイトをより高く評価するために

この記事は日本時間の 2012 年 4 月 25 日に英語版の Google Webmaster Central Blog に投稿された記事「 Another step to reward high-quality sites 」の抄訳です。

パンダアップデート

こちらは2012年7月に発表されたアップデートです。(英語圏などでは前年には実施されていました。)

どんなサイトの検索順位を下げて、どんなサイトの検索順位を上げるのかということがこちらも明確に発表されましたね。例えば中身の薄っぺらい役に立たないサイトや他のサイトからコンテンツをコピーしているようなサイトの順位は下げ、オリジナルのコンテンツを持ち、それらが他のサイトにはない独自の分析や報告がなされているようなサイトはより適切に評価するということが発表されました。

パンダアップデートに関しての公式ブログの記事をあわせて読んでみましょう。

Google 検索が、高品質なサイトをよりよく評価するようになりました

Google はこれまで 良質なサイトをユーザーに届けること に力を注いできました。その一環として、2011 年には、通称”Panda アップデート”と呼ばれる アルゴリズムの変更を・・・

良質なサイトを作るためのアドバイス

先日、日本語でも実施したアルゴリズム変更、 Panda アップデート は、低品質なサイトの掲載順位を下げ、同時に、良質なサイトの掲載順位をより適切に評価します。

ヴェニスアップデート

2014年12月に実施されたアップデートです。

GoogleのCMを思い出していただけると、「あー、そういうことね!」とご理解いただけると思うのですが若い女の子たちがカレー食べたい!ということでシャビシャビのカレー(だったかな??)というキーワードでスマホを操作してお店を検索します。すると検索結果のマップ上に近くのカレー屋さんが出てくる、あれです。

つまり位置情報を利用して、検索地点からより近いお店や会社を検索結果として返すアルゴリズムがヴェニスアップデートです。完璧とはいかないまでも少しずつ精度が上がってきている印象があるんですよね。特にこのアップデートは地域密着度が高い業種に強く、例えば病院や塾、美容院、レストランなどに関する検索結果に顕著に表れますよね。

まあ確かに子供の塾を探そうと思って、東京で個別進学塾って検索して大阪の塾が出てきても、おいおいって突っ込みたくなりますもんね。

印象としてはこれによって、地域の中小企業やお店などもよりSEOで戦えるフィールドが出来上がり、有利な時代になったのではないでしょうか。

モバイルファーストインデックス

Googleが2016年からその準備に向けて情報を提供してくれていましたが、長気に渡るテスト期間を経て2018年に開始されたアップデートです。

スマホが普及したことにより、これまではPC版のコンテンツをベースに順位付けを行ってきたものをスマホ版のコンテンツを順位付けの際に参考にするということを発表しました。

まあ今時、サイト制作をするにあたってPCを無視することはあっても、スマホを無視するようなことはないと思いますので大丈夫ですよね。

モバイル ファースト インデックスを開始します

本日、Google は 1 年半の慎重な実験とテストの結果、モバイル ファースト インデックスの ベストプラクティス に準拠したサイトの移行を開始したことを発表します。 これまで、Google のクロール、インデックス、ランキング システムでは・・・

スピードアップデート

2018年7月に実施が発表されたアップデートです。

ヴェニスやモバイルファーストインデックス同様ですが、当然のアルゴリズムですよね。

私たちもそうですが検索時に読み込みが遅い、これだけで結構なストレスを感じますよね。そういった背景もあり、読み込み速度をスマホ検索時の順位付けの要素にするというアルゴリズムです。

ただしユーザーがまさに必要としている情報、そしてその答えをもっているような重要なページに関しては例え読み込み速度が遅かったとしても、ユーザーにとって必要であるため上位に掲載されるとしています。

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します

検索ユーザーはできるだけ早く質問に対する回答を見つけたいと考えています。 研究(英語)では、ユーザーはページの読み込み速度を非常に気にかけていることがわかっています。 読み込み速度はこれまでもランキング シグナル として使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象・・・

結局大切なことは「いつでもユーザーファースト」であるということ

検索順位のランク付けはもちろん、これらのコアアルゴリズムだけではなく何百という指標によって決められています。

でも、この5つのアルゴリズムを理解するだけでも十分Googleが何を言いたいかわかりますよね。

それは「ユーザーの事を第一に考える」ということなんですよ。

ユーザーのための情報ですから当然ですよね。私たちもユーザーの立場に立つと”不便だな~”とか”このコンテンツはわかりにくいな~”とか一ユーザーとして感じたり、考えさせられたりということがありますが、制作者側になると途端に”それは大変だよ~”とか”そこまではできないな~”ってなりがちじゃないですか。

でも、やっぱり神様(Google)は見てるということなんですよ笑

手を抜いてもダメ出し、ズルしてもダメってことですね。

Googleのコアアップデートについて「皆様が知っておくべき事」としてこちらもGoogleから発表されてますのでこちらも是非読んでくださいね!

Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

Google ではほぼ毎日、検索結果を改善するための変更をリリースしています。大半の変更は目に見える変化を伴わない場合が多いですが、これらを積み重ねることで、日々検索の改善に取り組んでいます。 時には、皆様がはっきりと変化に気づくようなアップデートを行う場合もあります。